Afghanistan Bazar Web      

 

 

私はこの写真を見たとき、とても悲しくなり涙が止まりませんでした。

あなたはこの写真を見て、何を思いましたか?

写真をとった人は、心の痛みが大きく自殺した、と聞きました。

私たちと同じ人間であるこの子供は食べるものがないためにもう死ななければなりません。

この子供は何の犠牲者なのでしょうか?

今、世界では戦争をするために、莫大なお金が使われています。

戦争のせいで両親を亡くした人、住む家を失った人、家族とはぐれた子供たちが大変増えました。世界中に難民も多くなりました。私たちは生きるために生まれてきたのです。生きることは世界中の人々の権利です。戦争でこの権利を奪うことは許されるのでしょうか?

一方、戦争を作った人々は幸せになったのでしょうか?たとえ幸せだとしても、それはどのくらい続くのでしょうか?

私はアフガニスタン人として長い戦争の時代を経験しました。

戦争は都市、人々の生活、経済、人間関係、良心、治安、すべてを破壊します。

世界のどこを見ても戦争は紛争を解決する手段として、決してよい結果を生み出してはいません。

私は毎日、世界中の戦争が終わり、平和になるようにお祈りします。

あなたは、何をしますか?

By ALLAH YARIE

----------------------------------------------------------------------------------

アラヤリ アブドルラウフ

➀  家族の心の健康

ストレスや悩みの無い健康な家庭を築くには正しく結婚相手を選べるかどうかによります。この原則を守る若者たちというのはそもそもこの原則を守る本人たちの両親から身に付けているのです。

責任感の強い親は平穏な家庭を築き、また子供たちの躾に大変良い影響を与えます。

イスラムの教えに拠れば外見だけに頼らず家庭環境や信仰心を重要視すべきなのです。

6代目イマーム ジャファル・サデクは、“別れ/ 離婚若しくは困難の伴う結婚を避けるにはまずお互いの育った家庭を良く知る事そして厚い信仰心を持つ事とおっしゃています。

社会の主な問題というのは、若者たちに多く見受けられる外見だけに頼る結婚に起因する事が多いのです。

➁ 安定と平穏

正しい結婚は家庭において子供達の健やかな成長を約束します。

家庭が平穏であると子供達の健康的な思考力を育むと同時に社会生活への適応能力を高めるのです。

両親の言い争いや自分勝手な振る舞いや度重なる暴言に耐えられない事は最悪の状況を家庭に生み出してしまうのです。

それによって子供達の精神的苦痛や病、または強度のコンプレックスを引き出してしまう事となります。

家庭内暴力、いわゆるDVや言葉の暴力というのは子供達への裏切りを意味します。

この状況を目の当たりにした子供達はいったいどの様な未来を期待出来るのでしょうか。

➂ 思考のズレ

男女の思考の違いや趣向の差を否定する事は出来ません。

なぜならば男女は全く違った役割を持った存在だからです。

では、どの様にすれば男女の差を克服し平和な家庭を築く事が出来るのでしょうか。

それはお互いの許容、問題解決の為にコミュニケーションを上手にとる事が出来るかが重要です。

例えば、料理に失敗した場合に執拗に責めたりせずやさしいアドバイスをする程度にすべきです。その結果が明るい未来への道を開く事となるのです。

➃ 夫婦間の尊敬

夫婦間に尊敬感情が保たれていると子供達にとって精神的にとても良い影響があると同時に大切な教えともなります。

この延長線上には社会の安定と平和があり人の道から外れる事を防ぐ事にもなります。

現代は若者達の問題が山積しています。最も深刻な問題は家庭の問題から起因していると言えるでしょう。

乱れた親の行動が子供達の誤った行いの原因となります。

両親の適切な家庭運営は子供達を正しい社会人として送り出す結果となります。

➄ 両親の役割と子供の行動

 

大人は子供の鏡であり責任を受け止め人間としての義務を果たす事が大人の役目です。

女の子は母親を手本とし、男の子は父親を手本とするものです。

酔いつぶれた父親や乱れた服装の母親が子供達の心の中に闇をもたらす事になります。

親はこの結果に対して責任を負う事になります。

お互いを信頼・尊敬して協力を惜しまず、年長者を敬い大切にする事は私達大人の責任であって、平和な未来や社会を築く為には自己鍛錬が必要となるのです。

それはつまり唯一の神を信じ、崇拝する事に他ならないのです。

 

>>>Back to Home

E -mail  afghanistanbazar1@yahoo.co.jp

©2003, Afghanistan Bazar.
最終更新日 : 2017/02/27 .